顔のシミ取り、レーザー治療を皮膚科でする効果と費用は?

顔のシミにはいくつかの種類があります。特に「老人性色素班」に分類されるシミは中年以降の女性に多くみられます。10円玉サイズで大きめのシミはスキンケアで薄くすることは困難を極めます。

 

むしろ、皮膚科で顔のシミ取りをする方がスキンケア商品を買うよりも長い目で見るとお金がかからないのでお勧めです。

 

皮膚科のシミ取りはレーザー治療が多い

 

顔のシミ取りを皮膚科でする場合は、レーザー治療またはフォトフェイシャルで行うことが多いです。特に中年女性には老人性色素班と呼ばれるシミが多く、その場合には、ルビーレーザー、ヤグレーザー、アレキサンドライトレーザーなどのレーザー治療が代表的なものとなります。

 

特に治療法にこだわりがない場合は、通院できる範囲の病院でレーザー治療を選択すれば間違いないと思います。一般的にはレーザーをあてて1週間後に再診があるので通いやすい病院を選ぶことも必要でしょう。

 

レーザーの治療は我慢できないほどの痛みではない

 

レーザー治療ではただ照射する部分を冷やすだけで麻酔を用いないこともあるくらいで、我慢できないほどの痛みではありません。レーザーを当てるとゴムではじかれたような痛みがあります。音もするので少々怖いかんじがしますが、短時間に治療は終わり、最後にテープを貼って処置してくれます。

 

シミの大きさによってはレーザー照射が何度もあるのでバチバチとゴムをはじかれるイメージをするとわかりやすいかもしれません。病院によっては、シミが大きい場合はテープ麻酔などを用いることがあるようです。レーザー照射の痛みは個人差がありますが、我慢できないほどの痛みではないでしょう。

 

レーザー照射後の患部に日焼けは厳禁

 

照射した部分はかさぶたとなり、それがはがれるとシミのないキレイな肌が現れます。レーザー治療後は、自然とかさぶたがはがれるように肌を保護することが最も大事です。特に日焼けをしないこと、擦らないことが求められます。

 

大きなシミの場合は患部が乾かないように処方された塗薬を塗り、ばんそうこうで保護をする期間が1週間から2週間必要です。この期間はメイクなどせず、患部の保護に努めましょう。

 

病院によっては夏の期間は紫外線が強いため日焼けの危険があるのでレーザー治療を行わないところもあるそうです。それほどレーザー照射をした後の肌には日焼けは禁物ということです。

 

レーザー治療後にシミが濃くなるのは一過性のもの

 

レーザー治療後にシミの色が濃くなってしまったと聞くと心配ですね。しかし、かさぶたが取れ本来ならキレイな肌になるはずですが、一過性のものとしてシミ部分が濃くなる場合があります。

 

心配になりますが、しばらくするとその色も薄くなり、きれいな肌になるので辛抱強くケアして待つことが大事です。この期間にうっかり日焼けをするとシミの色が戻ってしまうので気をつけましょう。レーザー治療後の肌は無防備です、日焼けは禁物なのでUVケアをしっかりしましょう。

 

顔のシミ取りレーザー治療の料金はいくら?

 

美容目的のシミ取りは保険が適用されません。そのうえ、治療を受ける病院によって料金はかなり違います。りっぱな病院ほど料金が高い可能性があり、個人病院でこじんまり営業しているところが半額以下などということもあります。

 

シミ取りのレーザー治療はシミの大きさによっても金額が変わります。何センチまではいくらといった金額設定をしている病院もあります。また、術後にハイドロキノンなどを処方する病院もありますし、ただの軟膏を処方する病院もあるので、それらすべてを含め、事前に料金を確認しておくと良いでしょう。