パプリカの美白効果と効率よく食べる方法

パプリカは形状がピーマンに似ていて鮮やかな赤や黄色、オレンジ色が特徴の野菜です。ピーマンと同じトウガラシの仲間ですが、肉厚で甘みがあります。パプリカはその彩りで食卓を華やかにしてくれます。

 

そんなパプリカですが、鮮やかな色に負けないくらい栄養分もたくさん含んでいます。食べる頻度はピーマンと比べてまだまだ少ないという人も日ごろから意識して料理に取り入れてみましょう。健康や美容にいい影響を与えてくれるでしょう。

 

パプリカの栄養分

 

パプリカに含まれている栄養分はカロチン、リコピン、ビタミンA・C・E・Pなどです。人間は老化すると体内に活性酸素が増え、細胞に元気がなくなって健康や美容に悪影響を与えるといわれています。

 

パプリカに含まれるカロチンやリコピン、ビタミンEには抗酸化作用や若返りの効果があり体を元気にしてくれます。また、ビタミンCには美白効果に加え、免疫力を強化し、風邪などを引きにくくする効果もあります。ビタミンPにはビタミンCを酸化から守ってくれる働きがあります。

 

パプリカの美白効果とは

 

顔のシミは紫外線を浴びることによって発生します。人間の皮膚は紫外線を浴びると、体に紫外線が吸収しないようチロシナーゼという酵素の力でメラニンを作ります。ターンオーバーの乱れによりこのメラニンが黒い色素として残ることがあります。この黒いメラニン色素がシミの色です。

 

パプリカに含まれるビタミンCはメラニンの生成を助ける酵素のチロシナーゼを阻害してくれる働きがあるのでシミをできにくくします。パプリカにはその色によって含まれている栄養分が少しずつ違います。美白効果が欲しいのであれば、特に黄色とオレンジ色のパプリカに美白効果の栄養分が多いです。

 

パプリカの美白に効く食べ方

 

美白に良いビタミンCは熱を加えることにより破壊してしまうのですが、パプリカに関しては肉厚な形状のおかげで加熱しても壊れにくいです。そのためピーマンと同じようにピラフに入れたり肉詰めにして食べてもいいでしょう。

 

ただし、あまり長時間炒めすぎないよう短時間でさっと調理する方が美白効果はアップします。鮮やかな色が残る程度にしておきましょう。また、そのまま切ってサラダに入れたり、ピクルスにして保存がきくようにする食べ方もあります。パプリカは乾燥し、粉末状にされたものがスパイスとして販売されていますので好みで料理に加えて摂ることもできます。

 

パプリカについて:パプリカの原産地は南アメリカで、コロンブスの時代にヨーロッパに入ってきました。パプリカが注目を浴びはじめたのは1937年ごろです。当時ハンガリーの博士がパプリカには多大な栄養分を含まれているとの研究結果を発表しました。中でもビタミンCに関してはオレンジやレモンなどの柑橘系よりも多いということでした。日本では1993年に輸入が解禁され、現在売られているものはオランダ産や韓国産が多いです。約90%が輸入品になっています。