顔のシミを消すのにハイチオールCは効果がある!?

顔のシミ、そばかすに悩んでいる女性は多く、幼少期からあるそばかすがある人、大人になってから急に増えてきたなどタイプは様々。

 

妊娠出産を機にできることもあれば、日焼けによるシミ、加齢によるシミなど原因も悩む人の数ほどあるりますが、そういったシミを予防したい消したいという願望のある方に人気があるのがCMでも知られているハイチオールCです。

 

ハイチオールCの効果、効能

 

ハイチオールはエスエス製薬から発売されている第三類医薬品で、肌細胞の代謝を助け、シミやニキビなどの肌トラブルに効果を発揮します。特にハイチオールCは、シミの原因であるメラニンの生成を抑制する働きがあります。

 

人間の肌には本来、ターンオーバーと言われる古い肌から新しい肌に代謝させる力がありますが、加齢や肌のダメージによって、どんどん弱まってしまいます。この働きを助けてくれる効果がハイチオールCには備わっているのです。

 

美白だけじゃない!健康にもうれしい効果

 

弱まったターンオーバーの働きを助けるだけがハイチオールの効果ではありません。メラニンの生成を抑制するだけではなく、過剰にできてしまったメラニンを排出する効果もあります。

 

肌の代謝が正常化すると、ニキビ予防にも効果が期待できますし、酵素の働きを助けエネルギーの流れがスムーズになることで、身体全体の疲れやだるさを取り除く効果まであるのです。肌に優しいだけではなく、体に元気を与えてくれる作用も期待できます。

 

頑固なシミに悩む人におすすめ

 

まず一番試してほしいのは、シミ・ニキビなどの肌トラブルを抱えている人です。特にメラニンに大きな作用を及ぼすので、 今までどんなことを試しても効き目がなかった頑固なシミに悩んでいる人には、効果を期待できます。

 

また体の代謝もサポートしてくれるので、全身の倦怠感が日々抜けない人にも服用をおすすめできる医薬品です。

 

ハイチオールCの服用方法、副作用は?

 

7歳から14歳で一回一錠、15歳以上で一回二錠を1日3回まで服用可能です。食前食後どちらでも構いません。7歳未満のお子様には服用は禁止されています。まれに皮膚の発疹、吐き気や嘔吐、腹痛の副作用がある場合があります。

 

ハイチオールには、B、Cという種類があって、Cの中でもホワイティアやクリア、プルミエールなど様々なラインナップがありますので、その用途や効果を見比べて、自分に合ったハイチオールを試してみると良いでしょう。

 

できてしまったシミをなかったことにするには、それなりの時間がかかってしまいます。食べ物やスキンケアで緩和される部分もありますが、肌の芯から改善する薬品の力を借りることも、1つの方法です。

 

ハイチオールは40錠の小容量から販売されています。40錠を服用しきるまで、肌の変化を確認してみるのもよいでしょう。